生命保険お役立ち情報


生命保険は本当に必要?

日本では、生命保険に加入している家庭の割合は90%以上であると言われています。これは世界的にも高い水準で、実に9割近くの家庭が何らかの生命保険に加入しているというわけです。実際、社会人になってすぐに会社の保険会社の営業マンが来て、医療保険や終身保険、養老保険などの説明をされて加入した経験がある人もいるのではないでしょうか。では、この生命保険、本当に加入する必要があるのでしょうか?日本は今、高齢化に向けて加速度的に進んでいます。
2012年6月に発表された高齢化白書によると、2011年10月現在、65歳以上の人口の割合は23.3%。実に4人に1人近い人が65歳以上となっているのです。従って、働き盛りである世代への負担は今後もますます増加することが予想され、もしかすると今叫ばれている年金問題以外にも、医療や福祉の面で若い世代が自己負担しなければならない部分がさらに増えるかもしれません。生命保険は、そのような人たちの経済的な不安を軽減するために、とても有用な方法のひとつです。医療費の補助が削られても、将来の年金が削られても、自己責任でそれらの不測の事態に備えられる人が、これからの日本社会では安心して生きていけるのかもしれません。このサイトでは、生命保険の種類や生命保険の加入・見直しのタイミング、選び方などについて学びます。
[注目サイトのご紹介]
・保険の無料相談も行っている「ほけんの時間」をご紹介します。悩まれている方は是非ご覧ください!
・・・保険 相談



ページTOPへ